半径0でシートメタルを曲げる

現実にはありえませんが、2D図面と整合性を取るため、半径0で板を曲げたい場合があります。

さらに曲げの内側の距離を、元のサイズと一致させたい時は、Kファクターも変更します。

(1)[シートメタルの既定]>[展開ルールを編集]

(2)[K ファクター値]を 0 にします。

(3)[折り曲げ]を実行し、[曲げ半径]に 0mm を設定します。

(4)内側に曲面部分が存在しない状態で曲がります。

この場合、内面の伸び縮みは0となります。

関連記事:シートメタルの折り曲げとK ファクター