3Dデータ作成/3Dプリント

Autodesk Fusion で作る立体分解図

AutodeskFusionは、分解アニメーションを作成することが可能です。作成した分解アニメーションを元にして、さらに2D図面化することも可能です。(1)事前に分解アニメーションを作成しておきます。Fusionで作成した分解アニメーション...
3Dデータ作成/3Dプリント

Fusion 360 の名前が Autodesk Fusion に変わりました。

2024年1月末、Fusion360の名前がAutodeskFusionに変わりました。今後はFusion関連の記事においても「360」と書く必要がなくなり、スッキリしたと思います。同じ製造系3次元CADであるInventorは、以前からA...
AutoCAD

AutoCAD 3D ソリッド履歴を使った編集

AutoCADのソリッドモデリングでは、ブール演算の機能を度々使用します。和 差 交差でソリッドモデルの形状編集を行った後に、ブール演算実行前のソリッドモデル単体のサイズを修正する必要がある場合には、ソリッド履歴をオンにしておくと簡単に修正...
3Dデータ作成/3Dプリント

AutoCAD-3D 自動調整サーフェスで作成したらせんの形状変更

一般的な産業用途として、AutoCADの3D機能を使ったモデルは、3Dソリッドか3Dサーフェスのどちらかを用いることになります。ソリッドとサーフェスのどちらを使ったほうがよいかは、業務の目的や形状に応じて適切に選択する必要があります。サーフ...
AutoCAD

AutoCAD 任意の図形領域を抽出する

オブジェクト数が多い図面において、限られた一部の領域を抽出して、利用したい場合があります。一部の領域を隠したい時は、ワイプアウト(wipeout)コマンドを使うことができますが、その逆はできません。領域の外側を削除しなければなりませんが、複...
Inventor

Inventor 図面に配置するアイソメ図を任意の視点方向に変更する

Inventorで2D図面上に正面図を配置し終わった後、ビューを配置タブ>投影 で平面図や側面図等を作成することができます。その際に正面図から右上方向にカーソルを移動させることによって、アイソメ図(等測投影図・等角投影図とも言う)が作成され...
AutoCAD

AutoCAD パラメータ・アクションを使わずにダイナミックブロックを作る

ダイナミックブロックを作成するには、通常はパラメータ&アクションを利用します。しかし、これらを使いこなすのは難しく、思い通りのブロックが作成できない場合もあります。その一方、ブロックの形状によっては、パラメータ&アクションを使わずに簡単に作...
教育/認定資格

グラフィクスリテラシー2023

私は、神戸大学グラフィクスリテラシー教育研究センターの学外協力研究者メンバーとなっています。2023年9月下旬、非常勤講師として工学部学生対象の授業「グラフィクスリテラシーA」2~4限を担当いたしました。2021年から初めて、今年で3年目と...
Inventor

Inventor 面の指示記号のサイズを小さくする

図面に記入する面の指示記号を小さくしたい場合の設定方法です。面の指示記号(三角形を含む形状)のサイズは使用する文字高さによって決定されます。文字高さを小さいものに設定することにより、記号全体を縮小することが可能です。※注意下記の操作はプロジ...
Inventor

Inventor 一般注記の寸法数値の小数点をカンマではなくピリオドにする

3Dパーツモデルに寸法注記を記入すると、小数点が ,(カンマ)で表示されてしまいます。※注意下記の操作はプロジェクトの構造に関する知識が必要です。環境によっては希望通りの結果にならない場合があります。.(ピリオド)で表示する為の設定は下記の...