全天周コンテンツコンテストで準優秀賞をいただきました。

11月5日(日)富山市立科学博物館で開催された第2回全天周コンテストに参加しました。以前こちらの記事で書いたように、私も作品を応募していましたが、その作品が準優秀賞を受賞することができ、同博物館のプラネタリウムで上映されることになりました。

当日午前中は応募作品に関する「作品発表会」も開催され、私も応募作品の制作課程についてお話させていただきました。大阪から富山まではかろうじて日帰りができる程の小旅行となりますが、大学生の皆さん方に熱心に聴いて貰えて、開始時刻に駆けつけた甲斐がありました。

午後からはプラネタリウム内で表彰式が行われ、ご覧の表彰状が授与されました。

プラネタリウム内で上映される自身の映像はさすがに迫力があります。今回は時間の都合で取り急ぎ静止画・実写部門での応募となってしまいました。当初は3dsMAXを使った動画を作りかけてたのですが、長期出張と重なってしまい断念しました。但し、その出張中に撮り溜めた撮影データを使って応募する事ができたので、「転んでもタダでは起きない」と言ったところでしょうか。次回は是非動画で再挑戦したいと思っています。