Revit Architecture ユーザー資格試験に合格しました。

Revit ユーザ認定資格 バッジ

昨日、オートデスク認定 Revit Architecture ユーザー資格試験を受験。先日のAutoCADプロフェッショナル試験に続き、Revitも無事に合格しました。

Revit ユーザ認定資格

オートデスク社が開発している建築向け3次元ソフトウエア、Revitは BIMに適した製品です。BIMとはBilding Infomation Modelingの略称で、3次元の建築モデルに、コスト・仕上げ・管理情報などの属性データを追加した建築物のデータベースを元に、あらゆる工程で情報活用を行います。建築設計、MEP(機械、電気、配管)と構造エンジニアリング、および施工に役立つ機能が用意されています。

私自身はRevitの認定インストラクターのための研修も既に受講済みです。また弊社には一級建築士の資格を持つスタッフがおり、CAD教育事業において今後Revitの教育にも力を入れてきたいと思います。さらに建築向け設備データはInventorを利用されているメーカーも存在することから、BIMを通したRevitとの連携についても業務の一環として取り組む所存です。

BIMの現状については当社のコーポレートブログでも記事を書いています。

BIM教育の現場は?学生に話をきいてみました。

BIMが業界を引っ張る!大手企業も導入を本格化