テクニカルイラストレーション技能検定 受験対策セミナー

テクニカルイラストレーション 技能検定

国家検定の受験対策セミナーを実施いたします。

テクニカルイラストレーションCAD 3級技能検定 受験対策セミナー

テクニカルイラストレーション技能検定について

国家検定制度の検定職種のひとつとして設けられているテクニカルイラストレーション技能検定は、1級、2級、3級があります。3級試験は毎年実施、また1級と2級については隔年実施となっており、本年度(平成30年度)は全ての等級が実施されることになっています。弊社では平成22年度より兵庫県職業能力開発協会と試験実施協力協定書を取り交わし、テクニカルイラストレーションCAD実技試験会場として活動を行ってきました。

テクニカルイラストレーション検定職種は毎年後期日程で実施され、実技試験は1月中旬、学科試験は2月上旬に行われます。後期日程の検定職種として、他に「機械・プラント製図」や「電気製図」などがあります。平成29年度後期日程の3級は16職種17作業が実施されました。テクニカルイラストレーションの実技試験は、「手書き」と「CAD」の2つの作業が設定されており、どちらかを選択して受験することになります。実技試験会場として弊社を選択される場合は、会場に設置済みのAutoCADを使用する受験方法とパソコン(CADソフトインストール済み)持ち込みでの受験方法を選択することができます。

3級の合格者には都道府県知事の合格証書が交付され、テクニカルイラストレーション技能士と称することができます。過去の技能検定の記事も合わせてご覧ください。「テクニカルイラストレーション 平成29年度後期技能検定について

平成30年度技能検定受検案内パンフレットのダウンロード(中央職業能力開発協会)

平成30年度 技能検定

 

受験対策セミナーについて

今回開催する技能検定受験対策セミナーは、2次元CADで3級実技試験を受験される方を対象としています。セミナー受講者に対しては、過去の実技試験問題の作成をはじめ、受験の手続きや試験勉強の方法を説明いたします。また、このセミナーでは使い慣れたCADソフトとパソコンを持ち込んでの受講も可能です。講師はAutoCADの2次元機能を使って解説を行いますので、他の一般的な2次元CADソフトを使用する場合も、作図の考え方は基本的に変わりません。

日時:2018年8月4日(土)13:00~17:00

会場:KOKO PLAZA(大阪市立青少年センター)会議室805
・・・大阪市東淀川区東中島1-13-13

定員:8名

参加費:5,000円(JAVC年間パスポート提示者は無料)

主催:JAVC(日本ビジュアルコミュニケーション協会)

講師:田中龍志
・・・テクニカルイラストレーション一級技能士、AutoCAD認定インストラクター、ものづくりマイスター

テクニカルイラストレーション

 

テクニカルイラストレーションの理論および作図技能は、取扱説明書・パーツカタログ・特許図面(斜視図)等の作図担当者にとっては必須の知識と技術です。「3次元CADを使えばテクニカルイラストなんて簡単に描けてしまう。理屈なんて必要ない。」と思っていませんか?例えば現物からその場でスケッチしたり、写真をトレースしなければならないような時、3次元CADでデータを作り直すなんてことはしませんよね。
「受験までは考えていないけれども、テクニカルイラストの基本的な考え方を知りたい。簡単なイラストが描けるようになりたい。」とスキルアップを目指される方も是非ご参加ください。聴講のみの参加も大歓迎です。

お申込みはこちらから

また、ニテコ図研の最新セミナー情報ページでもご案内しております。