AutoCAD LTで3Dデータを表示する

AutoCAD LT 3D

AutoCAD LTは2次元製図で利用されることが多いと思いますが、3次元CADで作成された3Dモデルを表示したい場合があります。

実際の業務でAutoCAD(レギュラー版)を使って3Dモデルを作成することがありましたが、納品先のお客様から「3DデータをAutoCAD LTで表示するにはどうすればよいか?」というご質問をいただきました。

さらにAutoCAD LTに読み込んだ3Dモデルを、単にひとつの方向から表示させるのではなく、様々な角度から確認したい場合もあります。今回はその方法のひとつをご紹介します。

(1)AutoCAD LTで3DモデルのDWGファイルを開きます。

(2)コマンドラインに ddview <Enter>

(3)[ビュー管理]ダイアログボックスが表示されます。

(4)[ビュー]リストから「南西アイソメビュー」を選択し、[現在に設定]ボタンをクリック。

(5)[適用]ボタンをクリック。

(6)X軸の正の方角を「東」、Y軸の正の方角を「北」とした場合の「南西」の方角から見下ろした状態で3Dモデルが表示されます。「アイソメビュー」ですので、等角投影図に相当し、X-Y平面に対する見下ろし角度は35度16分です。

   

この記事の動画